地球の森の物語◇ペットを捨てないで

ペットタイトル

地球の森の物語◇ペットを捨てないで

森の妖精

POINT

◆ペットを捨てることは、その動物の野生化を促進することになります。

◆地球温暖化が動物達の活動範囲を広げています。

◆可愛いペット達を害獣にしてしまうのは結局人間です。

 

インコイメージ

温暖化は、人間だけでなく動物達の生態系をも変えようとしています。その顕著な

例は都市部も例外ではありません。

ペットの管理を途中で放棄する方がいらっしゃい ます。また鳥のようにちょっとした人

間の不注意を良いことに逃げ出してしまう動物も いますが、結果としてそれは人間

がペットの野生化の要因を作っています。

今、温暖化の影響で日本の固有種でない動物も野生化するようになりました。有名

なところでは都内目黒区にある東工大に生息する野生化したワカケホンセイインコ

です。本来は北緯20°以南のインドやスリランカに生息している鳥ですが、その美

しい容姿ゆえ、世界中にペットとして旅だっていきました。この野生化したインコは、

現在はまだ都内の名所程度で済んでいますが、やがて鳩やカラスのように存在感が

大きくなると、害鳥になりかねません。可愛いペットが害鳥扱いになるのは非常に忍

びないですね。

都市の下水は、熱帯に住む動物達にとっては、パラダイスなのかも知れません。さす

がに日本ではありませんが、ニューヨークで大型のワニが捕獲された時には、唖然と

しました。ニューヨークは日本でいえばほぼ青森県と同緯度です。冬場の平均気温

は、寒い日には−10°に達する都市でワニが越冬できるようになっていたわけです

そもそもその前にワニという危険な動物を捨てる人間の存在が問題ですが、、、


 

最近、日本でも獰猛な動物の廃棄が問題になっています。よくニュースにでてくるの

は カミツキガメやワニガメなどでこれも日本の固有種でない動物達です。問題になっ

てい るブラックバスなどの外来種は概ね日本の固有種を駆逐してしまいます。カミツ

キガメ やワニガメなどが本格的に野生化すると本当に怖いことになりかねません。そ

もそも一 番迷惑をこうむっているのは、これらの動物達自身です。

この他にも、神奈川県で台湾リスが野生化したり、アニメの影響でペットとしての人気

があがったアライグマなどが心ない人間のために野生化して社会問題になりました。

ペットは可愛いですが、人形ではありません。動物の命の尊厳を考えて、決して害獣

に しないようにしてあげてください。それが私たち人間に出来る動物達への環境の配

慮です。

 

topへ
ボトムライン
Copyright(C )地球の森の物語All Rights Reserved