地球の森の物語◇森の保水力

森の保水力

地球の森の物語◇森の保水力

森の妖精

POINT

◆森林の保水能力が自然の好循環を生んでいます。

◆地下水があれば砂漠でも農業ができます。

◆山から森林がなくなると自然災害に注意が必要です。

 

水 森は水の貯蔵庫です。この保水力が森

 自体
の好循環を生みだしています。

 森に降った雨は、木々の足元に浸透して

 いきます。もちろん木々の根に吸収される

 水分もありますが、地下水となって地下 

から森をサポートします。

アメリカの砂漠地帯に忽然と現れる「センターポピット」と呼ばれる円形の畑があります

半径50m程度の散水装置が地下水をくみ上げ回転することにより、円形の畑を維持

しています。森の地下水は雨が降らない時には、この散水装置のように森の木々に

水分を補給することができます。

ここに非常に興味深いサイトがあるのでご紹介します。

ブナの保水力の秘密を探る

以下は上記サイトTOPページよりの抜粋です。

ブナの森は、他の森林と比較して保水力が高いと言われています。(省略)

一本のブナの木から8トンもの水がわき出るとも言われています。

 

燃料変わりにするために近くの山を禿げ山の状態して洪水の被害にあった国があり

ました。山に木々が無くなって、大量の降雨があると逆に危険な存在になりますね?

 

目先にある利便性を優先すると、長い目で見た場合不利益を生じるのは、焼畑農業

に似ています。なぜそうなってしまうのか?またどうすれば改善できるのでしょうか?

 

topへ
ボトムライン
Copyright(C )地球の森の物語All Rights Reserved